ワセリンの肘の黒ずみへの美白効果はどうなの?

ボディケア用品として多くの方が使用しているワセリン。ワセリンって黒ずみを改善する効果ってあるのでしょうか?

 

ワセリンは、皮膚にあるバリア機能の回復をする力をサポートする効能があります。

 

ワセリンは美容クリームとは違い、肌への塗布で角質層へは浸透せず、乳液や美容クリームは美容成分を含んでいて、毛穴を通って奥まで浸透していきますが、ワセリンには、そういった機能はありません。

 

肌へ塗布したら表面にそのままとどまります。皮膚へ塗ると、油性の薄い保護膜を皮膚の表面に作ることになります。

 

皮膚表面に保護膜を作ることで、外的な刺激などもガードすることになり、皮膚の角質層がうるおいます。ワセリンの保護膜は、そういった潤いの水分を蒸発から守ってくれるのです。

 

皮膚をしっかりとコーティングして、水分が蒸発しないように守ってくれる効果があります。副作用が極めて少ない安全な成分であることから、お肌に不必要な刺激を与えることもありません。

 

乾燥しがちな人やよく粉がふくいったかさつきがちな肌をもった方の保護膜を作って守るというのには最適な商品ではないでしょうか。安全な成分ばかりを使っているのもあって副作用が少なく敏感肌の方にとってもいいのではないでしょうか。

 

ワセリンは効果ってあるの?

ワセリンには、前述した通り皮膚をやさしく保護してくれる機能はなりますが、美白成分というものは含まれていません。

 

これで黒ずみを解消するといったことは少し難しいと言っていいのではないでしょうか。

ワセリンの使い方

バスタイムの跡など、肌を清潔にしたら、かさついた部位にワセリンを塗布します。水分は蒸発しないで、保湿は保護されることになります。保湿が高い肌は、生まれ変わりのサイクルも順調になります。肌のターンオーバーが正常化するので、保湿され改善していくこととなります。

 

人間皮膚の生まれ変わりは、一般的には28日をかけてターンオーバーが起こります。乾燥した皮膚はターンオーバーが送れますが、水分と油分の良い状態で保湿された肌は、順調な皮膚のターンオーバーができます。ですから保湿は根気よく、地道に継続をしましょう。

 

肌のかさつきが解消されるまでには一定の時間はかかりますが、じっくりとケアしていくことで、肌はキレイな状態に生まれ変わり、かさつきも改善へと向かうことになりますよ。

 

ワセリンより良いひじの黒ずみクリームはこれ!詳細はコチラ