肘の黒ずみは色素沈着が原因?


ここでは黒ずみの原因である色素沈着についてご紹介していきます。

 

普段人目につく顔や手、足のお手入れは欠かさなくても、ついついお手入れを忘れてしまうのが肘です。
自分ではあまりよく見ることのない場所ながら夏場などは人目に付きやすい箇所なので、せっかくならきれいにしておきたいものです。

 

しかし、いざ見てみると肘が黒ずんでいるという人や具体的にどんなお手入れをすればいいかわからないという人も多いと思います。

色素沈着がなぜ肘起こってしまうのか?

その理由としては、摩擦や圧力、刺激です。これらが重なると皮膚を厚くして自分を守ろうとするので、皮膚が厚くなるにつれ、角質が蓄積されて色素沈着を起こし黒ずんでしまうのです。また脇などに比べ肘は皮脂腺が少なく、水分が少ない為少しの刺激などでも皮膚が厚くなってしまうのです。

 

日ごろから肘をつくことが多い人は要注意ですね。

 

このような刺激によって黒ずんでしまうとなかなか戻らないのも悩みどころですが普段あまりお手入れをしないからこそ、少し気を使ってケアすることで効果を実感できます。

肘のケア方法

具体的にどんなケアをするかというと、簡単な方法ていうとお風呂につかり皮膚が十分に水分を吸い柔らかくなってから始めます。皮膚が厚いほど黒ずみもひどいのでスクラブなどでゆっくりと肘をマッサージします。

 

これを定期的に繰り返すことで角質がはがれていくのでだんだんと黒ずみが気にならなくなります。ただスクラブが強すぎるとそれが刺激になり、色素沈着が進んでしまうので月に1〜2回ほどに留め、気長にケアしていく必要があります。

 

お風呂上りには保湿をすることも忘れないようにしてくださいね。

 

そして一番大切なことですが、肘のケアを始めるにあたり、ほおづえなどの癖がある人はなるべくほおづえをつかないようにしましょう。

 

一点で何キロもの体を支えなければならないため、肘にかかる圧力や摩擦は大変なものです。長年ほおづえをつくことで輪郭に影響もあるため、肘のケアをするためにも癖を改善することも大切です。

 

色素沈着したひじの黒ずみにはこのクリーム!詳細はコチラ