膝が黒ずみになる原因と解消方法

肌を露出する季節になって、膝の黒ずみに焦ってしまう人も多いのではないでしょうか。では、なぜ膝は黒ずんでしまいがちなのでしょうか。また、その解消方法はどんなものがあるでしょうか。

 

黒ずみの主な原因は、肌の摩擦です。膝以外にも、ひじやかかとなど、地面や机などとの接触が多い部分は、角質が硬く、黒くなってしまいます。よって、摩擦を減らすことが、黒ずみを解消することにつながります。
まずできることとしては、ジェルやクリームをたっぷり塗り、保湿することです。保湿によって、肌が黒く硬くなるのを防ぎ、また、すべりをよくして衣服などとの摩擦を減らします。

 

また、膝を床につく動作はできるだけ避けるようにしましょう。立ち上がるのが面倒で、家事などをする際に、ついつい膝で歩いてしまうことはよくありますが、そんな動作が、黒ずみの主な原因となります。

 

また、服装にも原因があります。最近は、脚にぴったり密着したパンツが流行していますが、それでは、動くたびに膝がすれてしまい、それが積み重なることで膝が黒くなってしまいます。このようなタイトなパンツより、やや脚まわりに余裕があるタイプのものか、あるいは、スカートやワンピーススタイルのほうが、黒ずみ防止にはよいでしょう。

 

すでに黒ずんでしまっている場合は、古い角質を浮かせて落とすタイプのボディソープなどでお手入れしましょう。また、ひじや膝、かかとを専用にケアするクリームなども利用すると良いでしょう。毎日こまめにケアすれば、古い角質をやわらかくして落とし、つるつるの肌に導いてくれます。