お尻に黒ずみができる原因と解消方法

自分では見えにくいものの、他人にはよく見える体のパーツに「お尻」が挙げられます。特に、美容に深い関心のある女性にとっては、お尻も美しく保ちたいものです。そんなお尻ですが、下着や洋服による摩擦によってお尻に黒ずみが生じることが多々あります。

 

お尻は外部からの刺激を受けると、メラニンと呼ばれる色素を形成します。これによってお尻に色素沈着が生じ、お尻が黒ずんでしまうのです。服だけでなく椅子に座っている時の摩擦でも、メラニンによる色素沈着が生じることがあります。デスクワークなどで長時間椅子に座っている人は、この傾向が顕著になります。また、肌の乾燥やかぶれ、炎症などによってお尻に色素沈着が生じることもあります。お尻が黒ずんでいると見た目が悪くなり、あたかもお尻が汚れているかのように見えてしまうため、悩んでいる人も少なくないようです。

 

対策としては、摩擦の少ない天然素材の下着を選ぶこと、肌のケアを積極的に行い、余分な角質を定期的に取り除くこと、このようなことが挙げられます。また、皮膚科に行ってお尻の黒ずみに関する治療を受けるのもおすすめです。実際に皮膚科で受けられるお尻の黒ずみ治療として、レーザー治療や外用薬の処方、そして内服薬の処方が挙げられます。内服薬に関しては、シミの治療でも用いられるビタミンCやビタミンEなどといった栄養素を体内に取り込んで、内側から黒ずみを取り除いていきます。

 

自己流のケアはほどほどにして、皮膚科でプロによる治療を受けるのが最も手っ取り早い対策方法と言えます。