ひじの黒ずみハイドロキノンの美白効果って?

 

近年話題の美白成分でもあるハイドロキノンは、顔のシミをはじめとしてひじの黒ずみにも効果がありとして人気が出ています。海外では以前から多くの人々に利用されてきた成分ですが、日本では薬事法によって医療機関のみの取り扱いとなっていました。

 

しかし、薬事法の緩和によって化粧品類にも使用することができるようになったため、日本でも多くの人に知れ渡るようになったものです。
また、皮膚科でも塗り薬としても処方してもらえるところもありますね。

 

ハイドロキノンの成分はいちごや紅茶にも含まれているものであり、肌の漂白剤とも言われています。美白に効果的とされている化粧品類はたくさんありますが、メラニン色素の生成を抑えるという働きがあってもすでにできてしまったシミや黒ずみに対しては効果を発揮しない商品が多数です。

 

ハイドロキノンは、メラニンの生成を抑えることにプラスしてできてしまったものを白くさせることができるため、手遅れと思っているものでも使い続けることによって効果を実感することができます。

 

非常にうれしい美白アイテムではありますが、ハイドロキノンの副作用についても注意をして使用する必要があります。

 

注意したいハイドロキノンの副作用

ハイドロキノンの副作用で、一番多いのが肌に赤みが出てしまうというケースです。ハイドロキノンを塗ることで強い刺激を肌に与えてしまいます。敏感肌の方や肌に合わない場合には、痛みがあったり赤みがでるということがあります。

 

最悪の場合は、『白斑』と呼ばれる一部の肌が白くなるいわゆる肌に色むらができる場合があります。

 

ハイドロキノンは、紫外線を浴びることによって逆効果になる可能性があります。外出前にハイドロキノンを塗った場合には、上からしっかりと日焼け止めを塗ることが重要です。

 

こういった危険性を考えるとハイドロキノンの成分がない安全なクリームを使用することをおすすめします。

 

安全なひじの黒ずみクリームはこれ!詳細はコチラ