デリケートゾーンの黒ずみの原因

ビキニラインなどの黒ずみというのは、仲の良い友人にも、そう簡単には相談しにくい悩みです。

 

そもそもビキニラインが色素沈着してしまうのは、理由が一つではないのです。

 

ビキニラインの色素沈着の原因としてあげられるのは、まずは摩擦によるものです。人間の肌は、外部よりの刺激を受けることで、守るためにメラニンを生成します。また、肌サイクルを早くして、皮膚の角質層を厚くしようともするのです。

 

毎日身に付ける下着のゴム部分も触れますし、ピタッとしたジーンズを着用しても、摩擦を受けやすいのがビキニラインです。

 

摩擦黒皮症は、摩擦によって引き起こる色素沈着です。深い部分にシミができてしまい、定着をすることから、色の改善までは、若干時間がかかりやすいです。肌触りの良い物や、締め付けない素材を選ぶとよいでしょう。

 

黒ずみができてしまう原因として、ムダ毛の自己処理も影響をしています。デリケートゾーンのムダ毛処理を、何回もカミソリでしていると、皮膚は刺激を受けることになります。これが、色素沈着や、過角化にもつながる要因となるのです。ワックス脱毛や、毛抜きでムダ毛を抜くと、毛穴が傷ついて、雑菌が入ってしまい、毛嚢炎となるケースもあります。

 

色素沈着の原因として、ホルモンバランスの乱れも考えられ、生理不順であったり、妊娠したり出産したりすることで、体内の女性ホルモンバランスは乱れることがあります。

 

そうすると、ビキニラインだっけではなく、体や顔にも黒ずみが出てくることがあります。妊娠や出産であれば、赤ちゃんが生まれて、ホルモンバランスも元通りになれば、黒ずみも落ち着いてきます。生理不順の倍は、普段から基礎体温をつけて管理をするとよいでしょう。